市販品や通販品ドッグフードの全成分を比較して、おすすめドッグフードを評価してみました。愛犬には栄養バランスが優れているドッグフードを食べさせて少しでも健康で長生きしてもらいたいですよね!ドッグフードの良し悪しは成分で決まります。ですが大型犬と小型犬や、犬種によっても成分の栄養素や成分量によっても変わってきますので、ドッグフードの選び方は意外と難しいのです。なのでこのサイトでは、迷うことなく愛犬とって最も良いドッグフードをご紹介いたします。

プレミアムおすすめドッグフード 半生・セミモイストフード

半生・セミモイストフードは喜んで食べる子が多いのではないでしょうか?
しかし、毎日与えていると、噛む力が衰えてしまうので基本的にはドライフードをおすすめします。

 

半生・セミモイストフードはこんな時に与えよう

病気で食欲がないとき

高齢で歯がなく、ドライフードを噛めなくなったとき

 

このような状況は半生・セミモイストフードを選んであげると良いでしょう。

 

当サイトではおすすめの高タンパクで良質な犬用ドライフードを紹介しています。
紹介しているドライフードは以下の条件が共通しています。

人口添加物不使用

原材料は全てヒューマングレード

小麦、トウモロコシ不使用

 

迷ったらコレ! 当サイト厳選おすすめドッグフードランキング

ドッグフードは市販、通販合わせて本当にたくさん種類があって、結局どれを買ったら正解なのか悩んでしまいますよね。
そこで、「これを選べば間違いない!」というドッグフードを厳選しました!

プレミアムおすすめドッグフード 半生・セミモイストフード

ドッグフードおすすめランキングドッグフードおすすめランキング

ランキング ドッグフードおすすめ ドッグフードおすすめ ドッグフードおすすめ
商品 モグワン カナガン アランズ
ドッグフードおすすめ市販品ランキング
《公式サイト》
ドッグフードおすすめ市販品ランキング
《公式サイト》
ドッグフードおすすめ市販品ランキング
《公式サイト》
評価
対象 全年齢 7ヶ月〜
タンパク質 高タンパク
(動物性タンパク質50%以上)
品質 ヒューマングレード
(人間が食べられる)
穀物の使用 グレインフリー
(穀物不使用)
玄米/全粒オーツ麦/全粒大麦
(アレルギー性ほぼ無し)
添加物 100%無添加

ランキング総評

《モグワン》はこんな愛犬におすすめ!

ドッグフードおすすめ市販品ランキング
《モグワンドッグフード》

とにかく良質なタンパク質が超豊富な上に全年齢の犬に与えられるので、チキンまたはサーモンアレルギーではない限り、すべての愛犬の飼い主さんにおすすめです! 特に、愛犬が成長期の子犬筋肉や臓器機能が衰える老犬の場合、健康と美味しさが両立しているモグワンを強く推奨します!原材料表を見ると食材の豊富さに驚きます。健康と美味しさを両立したドッグフードの中では最高レベルです。
《カナガン》はこんな愛犬におすすめ!

ドッグフードおすすめ市販品ランキング
《カナガンドッグフード》

ドッグフードおすすめ市販品ランキング
《カナガンドッグフード ウェットタイプ》

カナガンも良質な高タンパクフードです。食いつき面(嗜好性)ではモグワンに劣りますが、その分(本当に若干ですが)コスパに優れています。全年齢の犬に与えることが出来るので続けやすく、多頭飼いの飼い主さんにお勧めです!また、カナガンはウェットタイプもあるので、歯が無い超高齢犬や病気で食欲が無い場合はウェットタイプがおすすめです。
《アランズ》はこんな愛犬におすすめ!

ドッグフードおすすめ市販品ランキング
《アランズ ドッグフード》

アランズのタンパク源は良質なラム(仔羊)です。チキンとサーモンを一切使用していないので、これらのアレルギーの場合は間違いなくアランズがおすすめ!対象7ヶ月以降という年齢制限付きで、あえて穀物類(玄米・大麦)を使った少しクセのあるドッグフードですが、素材の配合バランスが絶妙で栄養吸収率の良い高たんぱくフードです。
 

通販で人気のドッグフード

アドメイト モアソフト チキン シニア(7歳以上用)

 

原材料

肉類(鶏・鶏ササミ・鶏レバー)、小麦粉、でんぷん類、脱脂大豆、砂糖、小麦たん白、小麦ブラン、オリゴ糖、植物性油脂、野菜類(トマト・にんじん)、乳酸菌(ラクリス)、アマニ油、グルコサミン、γ-リノレン酸、グリセリン、プロピレングリコール、ソルビトール、ミネラル類(カルシウム・リン・鉄・マンガン・亜鉛・銅・ヨウ素・コバルト・ケイ素)、膨張剤、リン酸塩(Na)、保存料(ソルビン酸K)、酸化防止剤(エリソルビン酸Na)、ビタミン類(A・B2・B12・D・E・コリン)、メチオニン

 

 

DHCのペット用健康食品 犬用 国産生肉使用の贅沢ごはん

 

原材料

肉類(鶏肉、鶏胸肉、鶏レバー)、小麦粉、大豆たんぱく、野菜類(キャベツ、大麦若葉、さつまいも、ケール、ほうれん草、カボチャ)、精製魚油、卵黄油、オリーブオイル、昆布、N-アセチルグルコサミン(かに由来)、コンドロイチン蛋白複合体(ムコ多糖タンパク)、月見草油、ユビキノール(還元型コエンザイムQ10)、オリゴ糖、乳酸菌(フェカリス菌)、濃縮乳清活性たんぱく(乳由来)、サケ鼻軟骨抽出物(デキストリン、サケ鼻軟骨エキス)、ソルビトール、グリセリン、ベーキングパウダー、ミネラル類(炭酸カルシウム、リン酸塩、グルコン酸亜鉛、クエン酸鉄、銅酵母)、ビタミン類(A、D、E、B1、B2、ナイアシン、B6、葉酸、B12、パントテン酸、C)

 

 

DHCのペット用健康食品 犬用 国産生肉使用の贅沢ごはん

 

原材料

魚類(サーモン、タラ)、大豆たんぱく、小麦粉、野菜類(キャベツ、大麦若葉、さつまいも、ケール、ほうれん草、カボチャ)、卵黄油、オリーブオイル、昆布、精製魚油、月見草油、ユビキノール(還元型コエンザイムQ10)、オリゴ糖、乳酸菌(フェカリス菌)、濃縮乳清活性たんぱく(乳由来)、ソルビトール、グリセリン、ベーキングパウダー、ミネラル類(炭酸カルシウム、リン酸塩、グルコン酸亜鉛、クエン酸鉄、銅酵母、マンガン酵母)、ビタミン類(A、D、E、B1、B2、ナイアシン、B6、葉酸、B12、パントテン酸、C)

 

 

アドメイト モアソフト チキン アダルト(1歳以上用)

 

原材料

肉類(鶏・鶏ササミ・鶏レバー)、小麦粉、でんぷん類、脱脂大豆、砂糖、植物性油脂、小麦たん白、小麦ブラン、オリゴ糖、野菜類(トマト・にんじん)、大豆ペプチド、乳酸菌(ラクリス)、アマニ油、γ-リノレン酸、グリセリン、プロピレングリコール、ソルビトール、ミネラル類(カルシウム・リン・鉄・マンガン・亜鉛・銅・ヨウ素・コバルト・ケイ素)、膨張剤、リン酸塩(Na)、保存料(ソルビン酸K)、酸化防止剤(エリソルビン酸Na)、ビタミン類(A・B2・B12・D・E・コリン)、メチオニン

 

 

スタイルズ トイプードル用 6歳以上用

 

原材料

肉類(チキン等)、糖類、豆類、でん粉類、穀類、油脂類、デキストリン、イソマルトオリゴ糖、グルコサミン(カニ由来)、果実類(ブルーベリー果汁等)、緑茶粉末、種実類(ごま等)、サメ軟骨抽出物(コンドロイチンを含む)、食物繊維(粉末セルロース)、ビタミン類(A、D、E、B1、B2、B6、B12、C、ニコチン酸、パントテン酸、葉酸、コリン)、ミネラル類(リン酸カルシウム、炭酸カルシウム、塩化ナトリウム、硫酸マグネシウム、硫酸鉄、炭酸亜鉛、硫酸銅、炭酸マンガン、ヨウ素酸カルシウム)、アミノ酸類(メチオニン)、増粘安定剤(グリセリン)、品質保持剤(プロピレングリコール)、保存料(ソルビン酸カリウム)、pH調整剤、酸化防止剤(エリソルビン酸ナトリウム、ミックストコフェロール、ローズマリー抽出物)

 

 

DHCのペット用健康食品 犬用 国産生肉使用の贅沢ごはん

 

原材料

魚類(タラ、サーモン)、小麦粉、大豆たんぱく、野菜類(キャベツ、大麦若葉、さつまいも、ケール、ほうれん草、カボチャ)、卵黄油、昆布、オリーブオイル、精製魚油、N-アセチルグルコサミン(かに由来)、コンドロイチン蛋白複合体、月見草油、ユビキノール(還元型コエンザイムQ10)、オリゴ糖、乳酸菌(フェカリス菌)、濃縮乳清活性たんぱく(乳由来)、サケ鼻軟骨抽出物(デキストリン、サケ鼻軟骨エキス)、ソルビトール、グリセリン、ベーキングパウダー、ミネラル類(炭酸カルシウム、リン酸塩、グルコン酸亜鉛、クエン酸鉄、銅酵母、マンガン酵母)、ビタミン類(A、D、E、B1、B2、ナイアシン、B6、葉酸、B12、パントテン酸、C)

関連ページ

ドライフード
市販品や通販品ドッグフードの全成分を比較して、おすすめドッグフードを評価してみました。愛犬には栄養バランスが優れているドッグフードを食べさせて少しでも健康で長生きしてもらいたいですよね!ドッグフードの良し悪しは成分で決まります。ですが大型犬と小型犬や、犬種によっても成分の栄養素や成分量によっても変わってきますので、ドッグフードの選び方は意外と難しいのです。なのでこのサイトでは、迷うことなく愛犬とって最も良いドッグフードをご紹介いたします。
ウェットフード
市販品や通販品ドッグフードの全成分を比較して、おすすめドッグフードを評価してみました。愛犬には栄養バランスが優れているドッグフードを食べさせて少しでも健康で長生きしてもらいたいですよね!ドッグフードの良し悪しは成分で決まります。ですが大型犬と小型犬や、犬種によっても成分の栄養素や成分量によっても変わってきますので、ドッグフードの選び方は意外と難しいのです。なのでこのサイトでは、迷うことなく愛犬とって最も良いドッグフードをご紹介いたします。