当サイトでは本当に犬の健康を考えて作られたドッグフードの中から特におすすめのものを3つ厳選してご紹介いたします。国産の市販品ドッグフードに含まれる添加物は犬のアレルギーやがんを引き起こす成分が含まれており危険です。

ドッグフードの中には、カラフルな粒が混ざってとってもきれいな商品もありますよね。
このきれいな色の正体は野菜の色ではなく合成着色料です。

 

着色料は犬の体に悪い?

 

やはり、着色料は犬にとって害にしかならないと言えます。

 

着色料を使用したドッグフードの原材料表を見てみると「着色料(青2、赤102、黄4、黄5、二酸化チタン)」などと表示されているものを見たことがあると思います。
このように、ドッグフードに使用される着色料はタール色素と呼ばれる合成着色料が多いです。

 

タール色素の中には発がん性やアレルギー性が確認されているものもあり、危険な材料であると言えます。

 

また、二酸化チタンも発がん性があると世界保健機関(WHO)から指摘されています。

 

人体への影響が少ないという理由で人間用の食品でも使われていますが、それはあくまで人間の話。
人間よりも体が小さく構造も違う犬では、どんな悪影響が出るか分かりません。

 

なぜ危険な着色料を使うの?

 

なぜ着色料が使われるかというと、飼い主さん達に目を留めて購入してもらうためです。
犬達からすれば見た目の良さは全然関係ありません。

 

「たったそれだけの理由?」と思いますよね。
しかし、商品棚に並ぶたくさんのライバルの中から、自社の商品を手に取ってもらうためには、パッケージのデザインを良くすることはとっても効果的です。
実際、彩り豊かできれいな写真を使ったパッケージは目を引きますよね。

 

会社も売上が大切でしょうが、大切な愛犬を危険に晒すなんて絶対に嫌ですよね。
やはり、着色料が使われたドッグフードは避けることを強くお勧めします!

当サイトでは着色料はもちろん、人口添加物は一切不使用の安全なドッグフードを厳選し、おすすめドッグフードをご紹介しています。
ドッグフード選びに悩む飼い主さんのお役にたてれば幸いです。

 

>>【2017年最新版】ドックフードおすすめランキングはこちら<<


ドッグフードおすすめ市販品ランキング

関連ページ

おすすめドッグフード 市販品 添加物
当サイトでは本当に犬の健康を考えて作られたドッグフードの中から特におすすめのものを3つ厳選してご紹介いたします。国産の市販品ドッグフードに含まれる添加物は犬のアレルギーやがんを引き起こす成分が含まれており危険です。
おすすめドッグフード 危険な原材料 肉類 ミール 副産物
市販品や通販品ドッグフードの全成分を比較して、おすすめドッグフードを評価してみました。愛犬には栄養バランスが優れているドッグフードを食べさせて少しでも健康で長生きしてもらいたいですよね!ドッグフードの良し悪しは成分で決まります。ですが大型犬と小型犬や、犬種によっても成分の栄養素や成分量によっても変わってきますので、ドッグフードの選び方は意外と難しいのです。なのでこのサイトでは、迷うことなく愛犬とって最も良いドッグフードをご紹介いたします。
おすすめドッグフード 涙やけ アレルギー改善・対策
市販品や通販品ドッグフードの全成分を比較して、おすすめドッグフードを評価してみました。愛犬には栄養バランスが優れているドッグフードを食べさせて少しでも健康で長生きしてもらいたいですよね!ドッグフードの良し悪しは成分で決まります。ですが大型犬と小型犬や、犬種によっても成分の栄養素や成分量によっても変わってきますので、ドッグフードの選び方は意外と難しいのです。なのでこのサイトでは、迷うことなく愛犬とって最も良いドッグフードをご紹介いたします。