市販品や通販品ドッグフードの全成分を比較して、おすすめドッグフードを評価してみました。愛犬には栄養バランスが優れているドッグフードを食べさせて少しでも健康で長生きしてもらいたいですよね!ドッグフードの良し悪しは成分で決まります。ですが大型犬と小型犬や、犬種によっても成分の栄養素や成分量によっても変わってきますので、ドッグフードの選び方は意外と難しいのです。なのでこのサイトでは、迷うことなく愛犬とって最も良いドッグフードをご紹介いたします。

おすすめドッグフード 涙やけ(流涙症)

 

愛犬の可愛い顔に涙やけができると痛々しくて可哀相ですよね。

 

犬の涙やけとは流涙症という目の病気です。犬の涙は通常「鼻涙菅」を通るのですが何らかの異常が起きると通り道である鼻涙菅を通れず涙がそのまま表面の被毛に溢れてしまい変色してしまうのです。それに伴い他にも様々な不調の原因が出てくるかもしれないので早めの治療が必要です。

 

涙やけの原因としては遺伝的なものだったり目から入った異物の影響もしくはアレルギーなどいろいろな原因が考えられますが家庭での判断は難しいので動物病院で獣医師さんに相談すると良いでしょう。

涙やけの原因が食物アレルギーの場合の対処法

市販の国産のドックフードには愛犬がアレルギーや消化不良を起こしやすい「穀物」や「添加物」が多く含まれています。毎日の食事ですから愛犬の体への悪影響は考えるまでもないですよね。安全で高品質なドックフードを選んで愛犬の基礎体力と免疫力を高めてあげられたらいいですよね。

涙やけ対策ドックフードを選ぶポイント

アレルギーになりにくい「グレインフリー」で「人口添加物」不使用

※グレインフリーとは犬が消化不良を起こす穀物が不使用ということです。
※人口添加物とは酸化防止剤や香料など犬の健康状態に良くない影響を与えるものです。


犬の健康維持に欠かせない良質の動物性タンパク質で作られたもの

※動物性タンパク質は犬にとって身体の健康を守る最も重要な栄養素です。人間の4倍以上を必要とするのですから良質のものが犬の健康維持に良いことは間違いありません。


厳選した野菜や果物で作られており栄養バランスに優れているもの

※全ての素材が「ヒューマングレード」と呼ばれる、人間が食べられる基準を満たしたドッグフードが望ましいです。

パッケージの原材料表を見るだけでわかる!ドッグフードの品質


ドッグフードおすすめ

残念なことですが、犬のアレルギーやがんなどの危険がの高い材料が使われているドッグフードは市場に数多く存在します。


粗悪なドッグフードを避けるために4つの最低限があります。
購入前に、ぜひ原材料表を確認してみてください。


原材料表で確認できる!粗悪ドッグフードを避ける絶対条件4つ
人口添加物が不使用であること(無添加)

ドッグフードおすすめ

添加物は主に酸化防止の目的で使用されます。


特にBHA(ブチルヒドロキシアニソール)やBHT(ブチルヒドロキシトルエン)は発がん性が確認されていますが、犬・猫問わず多くのペットフードに使用されているのが実情です。このような化学物質は老廃物として体内に蓄積され、免疫不良を引き起こしたり、アレルギーやがんの原因になります。


着色料も酸化防止剤同様、アレルギーやがんの原因になります。

小麦、トウモロコシ、ビートパルプが不使用であること

ドッグフードおすすめ

小麦とトウモロコシは犬にとってアレルギーを引き起こす危険が高く、必要な栄養素を含まないため好ましくない材料です。また、犬は穀物類の消化が苦手です。与えすぎは消化不良の原因になります。


ビートパルプは犬の便を必要以上に固めるため、便で健康状態を判断できなくなります。この食材が含む栄養素も犬に必要ないもので、やはり好ましくない材料です。

○類、○副産物、○ミール、○等という表記が無いこと

ドッグフードおすすめ

鶏肉とはっきり表記せず「肉類」「鶏副産物」「チキンミール」「チキン等」とぼかした表記であれば、その材料の品質は粗悪品だと考えられます。


この粗悪品の正体は、レンダリング加工によって動物の死体(廃肉)からできる「肉骨粉」です。


当然栄養価が低く老廃物が多くなるため、涙やけになったり胃の調子が悪くなったりと様々な体調不良の原因となります。

動物性油脂が不使用であること

ドッグフードおすすめ

動物性油脂の正体は、レンダリング加工によって動物の死体(廃肉)からできる「獣脂」です。


上記の○類、○副産物、○ミール、○等こと「肉骨粉」と同様、栄養価が低く老廃物が多くなるため、涙やけになったり胃の調子が悪くなったりと様々な体調不良の原因となります。また、傷みやすいため必ずと言っていいほど酸化防腐剤が使用されています。


ドッグフードおすすめ

原材料表の豆知識
添加物以外の原材料は、割合の多い順に記載されています。
(ペットフード公正取引協議会|ペットフードの表示に関する公正競争規約(平成28年11月施行)より)

 

原材料表だけで判断して大丈夫?表記に偽りはないの?

原材料表で判断して大丈夫です。理由は環境省と農林水産省より「ペットフード安全法」が定められており、製造業者は原材料表を偽ることが出来ない為です。

 

市販では買えませんが、外国産のドックフードは国産よりも高品質で安全なドックフードが多いです。
中でも動物愛護先進国のイギリスのドックフードは原材料にとてもこだわっていて愛犬の健康を本当に思いやり作られたものが多いので是非おすすめです。

 

>>【2017年最新版】ドックフードおすすめランキングはこちら<<


ドッグフードおすすめ市販品ランキング

関連ページ

犬の【皮膚炎】
市販品や通販品ドッグフードの全成分を比較して、おすすめドッグフードを評価してみました。愛犬には栄養バランスが優れているドッグフードを食べさせて少しでも健康で長生きしてもらいたいですよね!ドッグフードの良し悪しは成分で決まります。ですが大型犬と小型犬や、犬種によっても成分の栄養素や成分量によっても変わってきますので、ドッグフードの選び方は意外と難しいのです。なのでこのサイトでは、迷うことなく愛犬とって最も良いドッグフードをご紹介いたします。
犬の【関節系疾患】
市販品や通販品ドッグフードの全成分を比較して、おすすめドッグフードを評価してみました。愛犬には栄養バランスが優れているドッグフードを食べさせて少しでも健康で長生きしてもらいたいですよね!ドッグフードの良し悪しは成分で決まります。ですが大型犬と小型犬や、犬種によっても成分の栄養素や成分量によっても変わってきますので、ドッグフードの選び方は意外と難しいのです。なのでこのサイトでは、迷うことなく愛犬とって最も良いドッグフードをご紹介いたします。
犬の【毛並(被毛)】
市販品や通販品ドッグフードの全成分を比較して、おすすめドッグフードを評価してみました。愛犬には栄養バランスが優れているドッグフードを食べさせて少しでも健康で長生きしてもらいたいですよね!ドッグフードの良し悪しは成分で決まります。ですが大型犬と小型犬や、犬種によっても成分の栄養素や成分量によっても変わってきますので、ドッグフードの選び方は意外と難しいのです。なのでこのサイトでは、迷うことなく愛犬とって最も良いドッグフードをご紹介いたします。
犬の【下痢・便秘】
市販品や通販品ドッグフードの全成分を比較して、おすすめドッグフードを評価してみました。愛犬には栄養バランスが優れているドッグフードを食べさせて少しでも健康で長生きしてもらいたいですよね!ドッグフードの良し悪しは成分で決まります。ですが大型犬と小型犬や、犬種によっても成分の栄養素や成分量によっても変わってきますので、ドッグフードの選び方は意外と難しいのです。なのでこのサイトでは、迷うことなく愛犬とって最も良いドッグフードをご紹介いたします。