ドッグフードおすすめ市販品ランキング【2017最新版】 ぺディグリー

スーパーやホームセンターなどで販売されている、市販品のドッグフード。
CMでもよく見かける有名メーカのドッグフードばかりなのでブランドを信じて購入される飼い主さんも多いです。

 

しかし、残念なことに有名メーカーだからと言って信頼できる安全なドッグフードというわけではないのです。

 

スーパーやホームセンターでよく見かける有名な市販ドッグフード

市販品で有名なブランドドッグフード「ぺディグリー」

(最近見かけませんが)テレビCMのおかげで知名度の高いペットフードですね。
スーパーやホームセンターのペットコーナーでは必ず販売されているかと思います。

有名ブランドドッグフード「それいけ!小型犬 成犬用(チキン入り) (メーカー:ぺディグリー)」

ドッグフードおすすめ

価格 3,475円(10kg) 参考:amazon
原材料 穀類(とうもろこし、小麦、米)、肉類(チキン等)、大豆、油脂類(パーム油、大豆油、ひまわり油)、植物性タンパク、タンパク加水分解物、シュガービートパルプ、キシロース、野菜類(にんじん、トマト)、ミルクパウダー、緑茶抽出物、ビタミン類(A、B1、B2、B6、B12、C、D3、E、コリン、ナイアシン、パントテン酸、葉酸)、ミネラル類(亜鉛、カリウム、カルシウム、クロライド、セレン、鉄、銅、ナトリウム、マンガン、ヨウ素、リン)、アミノ酸類(グリシン、システイン、メチオニン)、着色料(赤102、青2、黄4、黄5)、保存料(ソルビン酸K)、酸化防止剤(BHA、BHT)、pH調整剤
有名ブランドドッグフード「ぺディグリーウェットパウチシリーズ ビーフ&緑黄色野菜 成犬用 (メーカー:ぺディグリー)」

ドッグフードおすすめ

価格 1,058円(2kg) 参考:amazon
原材料 肉類(チキン、ビーフ)、野菜類(にんじん、いんげん、じゃがいも)、植物性タンパク、食物繊維、植物性油脂、ビタミン類(B1、B2、B6、B12、E、K、コリン、ナイアシン、パントテン酸、ビオチン、葉酸)、ミネラル類(Ca、Cl、Fe、L、K、Mg、Mn、Na、P、Zn)、アミノ酸(メチオニン)、増粘安定剤(加工でん粉)、増粘多糖類、着色料(カラメル、酸化鉄)、ポリリン酸Na、EDTA-Ca・Na

 

有名ブランドドッグフード「ぺディグリードライシリーズ ビーフ&緑黄色野菜 成犬用 (メーカー:ぺディグリー)」

ドッグフードおすすめ

価格 1,382円(130g×10個) 参考:amazon
原材料 穀類、肉類(チキン加水分解物、チキン、ビーフ等)、大豆、油脂類(パーム油等)、タンパク加水分解物、植物性タンパク、ビートパルプ、キシロース、野菜類(トマト、ほうれんそう、にんじん)、ビタミン類(A,

B1、B2、B6、B12、D3、E、コリン、ナイアシン、パントテン酸、葉酸)、ミネラル類(亜鉛、カリウム、カルシウム、クロライド、セレン、鉄、銅、マンガン、ヨウ素、リン)、アミノ酸(グリシン、システイン、メチオニン)、着色料(青2、赤102、黄4、黄5、二酸化チタン)、保存料(ソルビン酸K)、酸化防止剤(BHA、BHT、クエン酸)、pH調整剤

 

 

でも待ってください! 

 

安さが魅力なドッグフードですが、
実は「品質に不安な材料」と「危険な添加物」が大量に使われています。

 

 

 

知っておきたい!ぺディグリーの問題点

問題点1 保存状態が分からない

どの市販のドッグフードにも言えることですが、管理・保存状態がわかりません。

問題点2 ぺディグリーに含まれる危険な成分

・穀物類(とうもろこし、小麦)
 この穀物は犬の消化に悪い「グルテン」という成分が含まれるので好ましくありません。

 

・肉類
 この表記だと原産地域不明でどんな肉を使っているか分かりません。4Dミート(食品として不適格な肉類)の可能性も疑ってしまいます。基本的に「○類」「○等」の表記は品質に疑問があるので要注意です。

 

・ビートパルプ
 犬のうんちを必要以上に固めてしまうため、便秘になりやすく健康状態を把握しにくくなってしまいます。ドッグフードのかさ増しや食いつきを良くするために使われます。

 

・着色料(青2、赤102、黄4、黄5、二酸化チタン)
 飼い主の目を引くためだけに使われています。もちろん犬にとって色は全く関係ないどころか、アレルギーや発がんの恐れがある危険な添加物です。 ・・・論外ですね。

 

・保存料(ソルビン酸カリウム)
 カビや細菌の繁殖を防止する添加物です。亜硝酸ナトリウムと反応し、発がん物質を発生させてしまう恐れがあるため大変危険な添加物です。

 

・酸化防止剤(BHA、BHT)
 BHAは発がん性が、BHTは変異原性が確認されています。どちらもどのくらい食べるとがんや病気になる、というデータはありませんが危険な添加物なので愛犬に与えたくありませんね。

 

・pH調整剤
 ドッグフードの腐敗を防ぐために使われています。調整剤に含まれる「リン酸塩」というものがありますが、これはカルシウムの吸収を妨げます。

 

 

原材料の品質は不安だし、添加物たっぷりのぺディグリーは絶対に与えたくない・・・。
というのが正直な感想でした。

 

「有名メーカーだから安全」は間違い!

今回紹介させていただいた有名メーカーのドッグフードの原材料を確認すると、犬にとって好ましくない材料や添加物がごく普通に含まれていました。
「CMでもよく見かけるし、大手企業のドッグフードだから大丈夫でしょう!」は残念ながら間違いです。激安のドッグフードも品質が悪いことがほとんどなので、やはりおすすめできません。

 

市販で並ぶドッグフードは犬種ごとに分かれていたり、年齢ごとに分かれていたりして「とりあえずこれでいいか!」となりがちですが、愛犬に与える前に原材料をよく確認しておきたいですね。

 

最近愛犬の元気がない? それ、ドッグフードの影響かも!

こんなお悩み抱えていませんか?

ドッグフードおすすめ

  • 涙やけがなかなか治らない
  • 皮膚が荒れやすい(フケ・湿疹)
  • 便秘・軟便
  • 偏食気味でわがまま
  • 小食

 

こんな悩みを抱える飼い主さん、もしかすると今与えているドッグフードの影響かもしれません。
特に品質に不安なぺディグリーや、他の市販ドッグフードを与えている場合は要注意です。

 

上記の悩みはドッグフードを見直すことによって改善する可能性が高いです。

 

我が家のチワワも食べている安心・安全のおすすめドッグフードをご紹介します。
ぜひ参考にしてみてください!